三好東曜 みよしとうよう 笑顔と対話でつながろう!夢を描ける町づくり

三好東曜 主な訴え

世界に先駆けるエコタウン綾川。若者が夢を描ける町。笑顔と対話で世代を超えた交流が活性化。

(1)【地域の自立・自然と人の共生】

化石燃料依存・消費型社会から自立・循環型社会へのしなやかな移行。
地域内でエネルギーや食料など生活に必要なものを自給し、
人々が協力しあう生活が官民産学共同により実現。
高齢者や障がい者と寄り添い、世代間を繋いだ思いやりのある町。

2030年綾川未来予想

(2)【経済のローカル化】

グローバリゼーション(多国籍企業による市場の独占)からローカリゼーション(地域経済の循環・活性化)へ移行。

2030年綾川未来予想

(3)【健康の促進】

対症療法中心の医療を原因療法中心になる。
医食同源の原理から食が改善されほとんど病氣にかからなくなる。

2030年綾川未来予想

(4)【伝統の継承と文化・教育の促進】

伝統・文化・教育は歴史と世界基準から見直される。
伝統の智慧は若者たちに継承され、
時代に合った「生きた文化」が形づくられ、温故知新が実践される。

2030年綾川未来予想

(5)【町民とつながる楽しい行政】

透明で不正の無い、住民視点の政治が実現。
行政の情報発信が促進され、住民の意見が積極的に取り入れられる。町役場も明るく活気に包まれる。
活性化を図ります。

2030年綾川未来予想
Copyrightc2014 TOYO Miyoshi&Ayagawa Unite All Rights Reserved.